現在位置:

メーカー

 

製品情報

浜松ホトニクス

3件の商品 表示 件表示

フォトダイオード

フォトダイオード

概要説明

新日本無線のフォトダイオードは高速・高感度を実現したPINフォトダイオードをラインアップしております。
コーデンシのフォトダイオードは、通常のPN接合タイプのSP-、高速応答、 高比抵抗タイプのHP-の2種類、高信頼性のキャンタイプ、安価汎用の樹脂モールドタイプ、基板タイプと、お客様の使用条件にあった製品を数多く取り揃えております。
シャープのフォトダイオードは、可視光カットのPINフォトダイオードがメインとなり、OA機器や家電など幅広い製品に使われております。
浜松ホトニクスのSiフォトダイオードは、当社独自の半導体プロセス技術を生かし近赤外から紫外・高エネルギーまでの波長域にわたり、高速・高感度・低雑音を特長としています。医療・分析・科学計測から光通信・民生機器用まで幅広い用途に用いられています。また、メタル・セラミック・プラスチックから表面実装型まで多様なパッケージを揃えており、またカスタムデザインにも対応しています。

>>製品詳細

照度センサ

照度センサ

概要説明

新日本無線の照度センサは、視感度補正フィルタを内蔵しております。赤外線の影響を受けにくく、広い範囲の照度(0.1~100,000Lux)に対してリニアリティが良好です。ピーク感度波長 (560 nm)、感度波長範囲 (350~650 nm)、光電流 (270nA±15%)、照度検出範囲 (0.1~100,000 Lux 条件:VR=0V, Ta=25°C)の対応可能です。
浜松ホトニクスの照度センサは、視感度に近い分光感度特性をもったフォトICダイオードです。フォトダイオードと同じ使いやすさでありながら、フォトトランジスタ並みの大きな電流出力が得られます。

>>製品詳細

赤外発光LED

赤外発光LED

概要説明

コーデンシの赤外LEDは、発光出力が大きく、光センサの光源として多く使われています。発光波長は、GaAsの940nmが一般的で、EL-タイプです。他に、高出力のCL-タイプ ( GaAlAs 880nm ) 、FL-タイプ ( GaAlAs 830nm ) などがあります。FLタイプは高速応答なので通信用に最適です。
京セミの赤外LEDは、TO-18パッケージで気密封止されており、高出力、高速応答が特長となります。主に、光電スイッチ、光学機器などに使われます。サンケン電気の赤外LEDは、砲弾型と面実装型があります。
シャープの赤外LEDは、リードタイプ、面実装ともラインアップが豊富で、汎用、高出力タイプ、高速信号伝送用(12 MHz)、狭指向角、小型、薄型、広指向角、低順方向電圧型などがあり、幅広い提案可能です。
浜松ホトニクスは、光電スイッチ・エンコーダ・測量・光ファイバ通信などの用途に適した高出力のLEDを用意しています。

>>製品詳細

3件の商品 表示 件表示
 
OLINASメールマガジン登録
メルマガバックナンバー

毎月5日配信

アプリケーションレポートバックナンバー

毎月15日配信

電子回路よもやま塾

毎月25日配信

 
S