現在位置:

新製品

【東芝デバイス&ストレージ新製品】車載情報通信システムおよび産業機器向けEthernetブリッジICのラインアップ拡充

トピックス:(2019/02/01)

東芝デバイス&ストレージは、Ethernet AVB規格に対応した車載情報通信システム向けブリッジICの製品ラインアップに、製品構成を最適化した「TC9562XBG」、複数のインターフェースに適用可能な「TC9562AXBG」、同製品の性能に加えTSN規格にも対応した「TC9562BXBG」の3製品を追加しました。  Ethernet AVBは、リアルタイム性と信頼性の観点で優れた規格であり、車載通信ネットワークへの導入が増えています。

Ethernet AVB規格のIEEE 802.1ASおよびIEEE 802.1Qavに準拠し、ギガビットEthernet(10/100/1000 Mbps)に対応したブリッジIC「TC9560シリーズ」を量産しています。

一方、自動車の電動化や電子化を背景に、車載通信ネットワークは年々複雑化しており、ネットワークの最適化が求められています。

また、車載ネットワークのバックボーンや車載、産業機器の制御用途ではデータをよりリアルタイムに処理することが必要であり、Ethernet AVB規格よりも低遅延でデータを転送できるEthernet TSN規格も注目されています。

今回、EthernetブリッジICの製品ラインアップに「TC9562XBG」「TC9562AXBG」「TC9562BXBG」の3製品からなる「TC9562シリーズ」を追加し、車載機器および産業機器における通信ネットワークの高機能化と利便性向上に貢献します。

「TC9562XBG」は、搭載する機能を絞り込むことで製品構成を最適化し、システムを簡素化できます。「TC9562AXBG」は、従来製品のEthernetインターフェースであるRGMII、RMII、MIIだけでなく、SGMIIにも対応しているため、より広範なシステム構成に適用できます。

「TC9562BXBG」は、「TC9562AXBG」の仕様にEthernet TSN 規格のIEEE 802.1Qbv、IEEE 802.1QbuおよびIEEE 802.3brへの準拠も追加しており、Ethernet AVB規格の製品よりも低遅延なデータ転送を実現します。

また、新製品は、市場が要求する水準である低消費電力モード時の電力0.5mW、低消費電力モードからの復帰時間100msをターゲットとしています。

なお新製品は、車載ICの品質試験規格AEC-Q100 Grade 3に準拠予定です。

アプリケーション

車載インフォテインメント、テレマティクス、オーディオアンプ、及び産業機器

 
OLINASメールマガジン登録
メルマガバックナンバー

毎月5日配信

アプリケーションレポートバックナンバー

毎月15日配信

電子回路よもやま塾

毎月25日配信

 
S